相続放棄をしたい時に心強い味方になるのが京都の司法書士事務所

スーツ姿の二人

相続放棄が難しく思えたらまずは京都の司法書士事務所に相談

相談に乗る女性

相続は本当にやっかいな問題です。両親が高齢になり介護が必要となる状態につれ、話し合うことも困難になっていきます。京都から離れた兄弟や親族と話し合うこともままならず時間ばかりが過ぎ、気が付けば、そもそも両親の財産状態についてよく知らない事に気づかされるのです。仮に銀行預金に係る情報は確認出来たとしても、問題はそれ以外の財産です。特に不動産を所持していた場合は困難が待ち受けています。
まず、京都の実家をどうするか。また、賃貸物件等をもっている場合はどうするか。物件の状態や立地条件、相続人達の現在の生活状況からそれらの物件を所持することは可能か。もし、相続するならば誰が相続するのか。特に、土地と建物が両親別々の名義になっていた場合は面倒です。
仮に賃貸物件の土地を父親、建物を母親の名義だったとして父親から他界した場合、夫婦間で賃貸物件経営をしていた時は無償で土地を貸していたとしても相続人が所有者となった場合はそうはいかないかもしれません。そのような最悪な事態を避けるための解決手段の一つが相続放棄と言えます。しかし、相続放棄は相続発生を知ってから三か月以内に行う決まりがあり悠長に考えてはいられません。もし、あなたがそのような悩みを抱えたならば、相続放棄は京都の司法書士事務所に相談してみましょう。

Update Contents