相続放棄をしたい時に心強い味方になるのが京都の司法書士事務所

スーツ姿の二人

相続放棄のことは京都の司法書士に相談しましょう

電卓と通帳

親が亡くなり、相続放棄をすることを視野に入れる方がよいのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。ところが、現在では親の相続だけではなく、疎遠になっている身内の相続放棄を考えている方も少なくありません。
たとえば、伯父が亡くなりその子供がすべて相続放棄をした場合、伯父の兄弟が亡くなってしまっていると相続者となるのは、甥や姪になります。負の相続をしなければならないと、借金の負担や住居の管理など思いもしない事態になってしまいます。自分が相続の権利があると分かった日から3か月以内に、相続放棄の手続きを進める必要があります。こうした手続きは、自分でもできるのですが、相続放棄のことは京都の司法書士事務所に相談をすることで、煩雑な手続きから解放されます。
身内で必要となる書類の準備や押印など、やっかいなトラブルになる可能性も少なくないので、相続放棄は京都の司法書士事務所に依頼をするのが賢明です。もしも、トラブルになったとしても、第三者である事務所が入っていることで、直接、身内とやり取りをしなくて済みます。京都で、こうした相続問題で悩みを抱えている方は、相続放棄の期限内までに手続きが終えられるためにも京都の司法書士事務所に相談するのが賢明です。

Update Contents