相続放棄をしたい時に心強い味方になるのが京都の司法書士事務所

スーツ姿の二人

京都で相続放棄を検討するなら司法書士に相談し財産調査を実行しよう

印鑑

相続には資産を引き継ぐ場合だけではなく、借金や住宅ローン、連帯保証人の責務を負うリスクもあります。リスク回避には相続放棄が最適な手段ですが、確実に手続きを行うためには専門家の手助けが欠かせません。京都にて相続放棄の手続きをお考えの場合、数多くある司法書士事務所に相談してみましょう。相続放棄は、相続の発生後3か月以内に家庭裁判所に申請しなければなりません。また不受理の場合その判断を覆すことは難しいため、慎重で抜かりのない準備が必須です。
司法書士が請け負える相続に関する手続きは、相続人の調査と財産確認、そして遺産分割協議書の作成などがあります。単純承認をして相続をするのか、負債があり限定相続または相続放棄をするのかの判断基準となるのが司法書士による財産調査です。さらに遺産分割協議書の作成は、相続を放棄した相続人を除いて作成するため、通常は相続放棄の手続き後となります。
相続放棄の申請には、司法書士が作成した相続放棄申述書を家庭裁判所に提出します。相続放棄は様々な手続きが発生するため、京都での相続放棄は自分で行うのではなく、京都の司法書士事務所にまずアドバイスを求めたり相談してみることを強くおすすめします。

Update Contents